東京の外壁塗装会社を徹底比較 » 外壁塗装はじめてガイド(費用・種類・時期・業者)

外壁塗装はじめてガイド(費用・種類・時期・業者)

公開日:|更新日:

所有物件の外壁塗装を業者に依頼する前に、予め知っておきたい各種の知識について取りまとめています。

費用から業者選びまで、外壁塗装で知っておきたいあれこれ

費用から業者選びまで、外壁塗装で知っておきたいあれこれそもそものお話として、外壁塗装というサービスは一般の人がそうそう頻繁に利用するというものではありません。

外壁塗装を業者に依頼する前に、予め知っておきたい知識をガイドブックのようにまとめました。

外壁塗装というサービスは一般の人がそうそう頻繁に利用するというものではありません。

自家用車や家電製品、日用品といったものに比べれば費用や塗料に関する知識・塗り替えるタイミング、業者の見極め方といったことに不慣れな人が大半だと思われます。

そんな状態のまま、行き当たりばったりで外壁塗装を依頼してしまうのは、ギャンブルに大金をつぎ込むようなもの。外壁塗装に関してある程度の知識を得てからでも、実際の作業依頼は遅くありません。

ここでは、外壁塗装で後悔しないために必要な以下のポイントについて、それぞれにページを設けて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

東京でおすすめの
外壁塗装業者5選を見る

外壁塗装の費用相場と実際の見積額

外壁塗装の業者では「1平方メートルあたりいくら」という相場目安となる数字はありますが、これは本当に目安でしかありません。実に様々な要素が重なり合うことで総額が算出されます。ここでは、実際の家(一戸建て住宅)の外壁塗装を複数の業者に見積もりを出した結果を紹介。業者とのやり取りについても実録レポートとして紹介します。

おおよその費用を見る
リバウス トータルの金額1,639,213円
プロタイムズ トータルの金額1,868,400円
BXゆとりフォーム トータルの金額1,612,000円

失敗例から学ぶ外壁塗装

外壁塗装のよくある失敗事例を集めました。「しつこい訪問勧誘に押されて契約したが、他社より圧倒的に高い額になった」「下請け業者に庭に置いていた鉢植えを壊された」「車に塗料を落とされた」「イメージと違う仕上がりになった」などの対策についても説明します。

外壁塗装の失敗例を見る

信頼できる業者の選び方とは

外壁塗装業者のなかには、残念なことに、手抜き作業や法外な費用請求をするといった業者も少なからずあります。信頼できる外壁塗装業者を選ぶには、何をチェックすればよいのでしょうか。その見分け方のポイントについてまとめました。

業者の選び方を見る

塗り替えるタイミング&時期とは

ひび割れや雨だれの汚れ(しみ)、チョーキングと呼ばれる白い粉をふく症状など、外壁塗装の目安となるタイミングをまとめています。また、季節によっても塗り替えに適した時期、適さない時期がありますので、こちらも説明します。

塗り替え時期を見る

塗料の種類とコーティング剤について

外壁塗装に用いられる塗料には、シリコン系、フッ素系、さらにはセラミックや光触媒を用いた塗料など、いくつもの種類があり、価格や耐用年数も異なります。これらの塗料の特徴について簡単にまとめました。また、より効果を持続させるコーティング剤についても紹介します。

外壁塗装の種類を見る

外壁塗装の工法について

外壁塗装にはいくつかの工法があります。それぞれの工法のメリット・デメリットが異なるのは、優劣ではなく何を塗装する際に向いているのかが異なることを意味します。そのため、外壁塗装を考えているのであれば、工法の違いを理解しておくと話が早いです。

外壁塗装の工法についてを見る

外壁塗装の配色

外壁塗装の配色は、サッシや外構の色とコーディネートを行い、周辺環境も考えて色選びを行うと良いでしょう。天気による色の見え方の違い、色あせのしやすさも考慮して、実際の配色事例も参考にして選ぶことをおすすめします。

外壁塗装の配色についてを見る

外壁塗装は自分でできる?DIYの注意点を解説

外壁塗装をDIYするときは、事前に知識を身に付け道具を準備して慎重に行う必要があります。危険や失敗を考慮し、不安がある人は外壁塗装のプロに依頼することをおすすめします。

外壁塗装は自分でできる?DIYの注意点を解説についてを見る

外壁塗装で発生する臭いとは

外壁塗装で発生する臭いは、塗料に含まれる揮発性有機化合物(VOC)が原因だと考えられます。臭いが気になる場合は、塗料選びのポイントを押さえ、対策を講じることが大切です。

外壁塗装で発生する臭いについてを見る

外壁塗装で使用するコーキングの役割とは?

外壁塗装で使用するコーキングの役割は、防水対策やひび割れの補修などさまざまです。外壁のあらゆる場所でコーキング材を充填することにより、耐久力を高め美しい外壁をキープできます。また、コーキングは定期的なメンテナンスを行うことが大切です。

外壁塗装で使用するコーキングの役割とは?についてを見る

外壁塗装が剥がれる原因とは?

外壁塗装が剥がれる原因は、経年劣化か施工不良であることがほとんどです。経年劣化は避けられない事象ですが、施工不良の場合は予防策を講じることで、剥がれが起きる可能性を少なくできます。また、外壁塗装が剥がれることでさまざまな問題が発生するため、確認したらすぐに修復することが大切です。

外壁塗装が剥がれる原因とは?についてを見る

雨が降った時に外壁塗装はできるのか

雨が降ったときは、基本的に外壁塗装の作業はできません。塗りムラになる可能性が高く、作業すると品質の低下に繋がります。また、乾燥が遅れることや作業者のケガのリスクを高めることも、雨天時に外壁塗装ができない理由です。

雨が降った時に外壁塗装はできるのかについてを見る

夏に外壁塗装をする際の注意点とは

夏の外壁塗装は基本的には問題ありません。塗料の乾きやすさやスケジュールの柔軟さなど、夏ならではのメリットもあります。しかし、にわか雨や台風、作業中にエアコンが使えない可能性などのデメリットがある点も理解しておきましょう。

夏に外壁塗装をする際の注意点についてを見る

外壁塗装における雪害とは

雪の日には外壁塗装は基本的に行なえず、さらに雪害を受けることもあります。雪害を受けると外壁塗装がめくれたり、外壁に穴が開いてしまったりすることもあります。雪害を防ぐには対処法を知っておくことが重要です。

外壁塗装における雪害について見る

外壁塗装のデザイン事例

外壁塗装は外壁を守ったり劣化を隠したりするためだけのものではなく、住宅のデザイン性にも影響を与えるものです。元のカラーと違う色を選べば家の雰囲気も変わります。デザイン性の注意点を把握して、好みの住宅に仕上げましょう。

外壁塗装のデザイン事例について見る

サイディングの外壁に塗装は必要か?

サイディングの外壁への塗装には、外壁と住宅を守るためのさまざまな効果が期待されます。たとえば雨水の侵入による腫瘍構造の腐食や外壁自体の保護などです。ひび割れや色褪せを予防する効果もあるため、サイディングの外壁に塗装は必要と言えます。

サイディングの外壁に塗装は必要か?について見る

外壁と屋根の塗装を同時に行うメリット・デメリット

外壁塗装を検討している人のなかには「屋根の塗装も一緒にやってもらいたい」と検討している人もいるでしょう。外壁と屋根を同時にやれば、効率的かつ費用の面でもメリットがあり、賢い選択のようにも思えます。ただ、工事に時間がかかる、同じ塗料を使用しないほうがいいケースもある、そもそも同時にやるべきではないケースもあるなど、実はデメリットや懸念事項があります。

外壁と屋根の塗装を同時に行うメリット・デメリットについて見る

外壁塗装のカラーシミュレーション

住宅の外観において、外壁は広い面積を占めるため、塗装によりイメージが大きく変わります。そこで活用したいサービス、外壁塗装のカラーシミュレーションです。外壁塗装後の仕上がりをパソコンの画面上でイメージできるため、塗装後の失敗を防ぐために役立ちます。

外壁塗装のカラーシミュレーションについて見る

外壁のクリア塗装について解説

東京で外壁塗装をしたいと考えたとき、もとの色や柄を残したいと考える方は少なくないでしょう。そのようなとき二役立つのが、外壁のクリア塗装です。しかし状態によってはクリア塗装ができないこともあるため、あらかじめ塗装を依頼する際の注意点について知っておくことが大切です。

外壁のクリア塗装について解説について見る

外壁塗装のローン

外壁塗装ではリフォームローンを利用できます。ローンを利用すれば1回分の支払い負担が減り、手元に資金がない場合でも施工を依頼可能です。しかしローンにはさまざまな種類があるため、それぞれのメリット・デメリット・注意点を押さえておきましょう。

外壁塗装のローンについて見る

外壁塗装しないとどうなる?

外壁塗装をしないことにはさまざまなリスクがあります。まず雨風や雪により、雨水が建材を腐食するかもしれません。住宅の劣化、雨漏り、害虫の発生などの被害が及ぶとともに、美観が損なわれることも避けられません。外壁塗装の必要性について知っておきましょう。

外壁塗装しないとどうなる?について見る

外壁塗装のアフターフォロー

外壁塗装を依頼する業者探しのポイントとして、アフターフォローの手厚さが挙げられます。外壁塗装は経年劣化を起こすため、美しい景観や水を弾く機能などを維持するには、定期的な点検とメンテナンスが重要です。プロの目線で、塗装の状態は問題ないか、補修が必要かなどを判断してもらうアフターフォロー。その必要性やサービス内容を理解しておきましょう。

外壁塗装のアフターフォローについて見る

実際に見積りをとりました!