東京の外壁塗装会社を徹底比較 » 外壁塗装はじめてガイド(費用・種類・時期・業者) » 外壁塗装を火災保険で行う条件と注意点

外壁塗装を火災保険で行う条件と注意点

公開日: |最終更新日時:

火災保険を使用して外壁塗装をする条件

自然災害にも対応している火災保険は、外壁の塗装に適用できる場合があります。

火災保険には3つのタイプがあり、それぞれの保証内容が異なっています。タイプ別の保証範囲について解説します。

火災保険の種類と保証内容

火災保険には、住宅火災保険、住宅総合保険、そして補償範囲の広い新タイプの保険(オールリスクタイプ)の3つがあります。

外壁の塗装に適用できる条件は、こちらです。

住宅火災保険 住宅総合保険
火災・落雷・破裂・爆発・風災
水害・水漏れ ×
暴行・破壊 ×
飛来・落下・衝突 ×
盗難 ×

戸建て住宅向け火災保険の基本的なタイプである住宅火災保険は、火災による損害に加えて落雷や破裂・爆発・風災が保証範囲となっていますが、洪水や集中豪雨などの水災は対象外です。

一方、住宅総合保険は住宅に関する総合的な保証を受けられるため、水災や盗難、暴動などによる破壊についても保証範囲となる可能性があります。

加入する保険の種類や保証範囲はしっかりと確認しておきましょう。

補償範囲の広い新タイプの保険(オールリスクタイプ)

こちらの保険は、従来の住宅総合保険よりも保証範囲を拡大したものです。補償額の制限がない「実損額」での保証ができるタイプもあり、近年主流になっています。

火災保険で外壁塗装ができないケース

火災保険はさまざまな災害による損傷に対応していますが、適用対象外となるケースもあります。

被害から3年以内に申請

被害を受けてから3年以内に申請しなければ、保険に適用外となります。ただし、施工完了後の工事でも3年以内であれば申請可能です。

外壁塗装にかかる費用が免責金額未満

外壁塗装の工事金額が保険の免責金額を下回っていると、火災保険が適用さない場合があります。

経年劣化は対象外

外壁材特有の性質による摩耗、変質、変色、外壁のカビや各種サビは適用対象外です。

塗装のミスや子供のいたずらなどは対象外

子どもによるひっかき傷、いたずらによる傷や、施工会社による施工不良・塗装時のミスについては適用対象外です。

火災保険の申請手順

火災保険の申請手順について解説します。

STEP1:外壁塗装業者に連絡

まずは損害状況を調査するため、外壁塗装会社に連絡をして塗装工事の見積書を作成してもらいましょう。

STEP2:契約している保険会社に連絡

次に、契約している保険会社に連絡します。このとき、塗装が保険の適用対象になるか、そして見積金額が免責金額を上回っているか確認しておきましょう。

STEP3:必要書類の作成

保険会社から必要書類を取り寄せ、書類を作成します。

必要となる書類は、主に以下の3つです。

  • 保険金請求書
  • 事故の報告書
  • 修理した箇所の工事見積書

保険金の請求書は自分で行いますが、事故の報告書、修理した箇所の見積書は業者に任せることが出来ます。

事故の報告書では、損害箇所の写真撮影が重要なポイントとなります。自分で撮影することもできますが、必要に応じて屋根に上るなどをしなければいけません。業者に任せた方が安心で確実でしょう。

STEP4:鑑定人による調査

書類を提出すると、保険会社による調査が行われます。調査は、保険会社が依頼した損害鑑定人です。

STEP5:保険金受取

鑑定人による調査によって保険の適用範囲内であると認定されれば、保険金が支払われます。

申請手続き開始から保険金の支払いまで、1ヶ月程度かかるので注意しておきましょう。

火災保険使用時の注意点

火災保険を使用する際には、高額な手数料を要求したり、高額なキャンセル料を請求したりする悪徳業者による詐欺に注意しなければいけません。

悪徳業者の特徴を挙げてみましょう。

  • 必ず無料になると明言する
  • 保険金請求の代行を強要する
  • 工事全般について契約書を交付してくれない

悪徳業者に騙されないよう、地域密着の実績ある施工業者を選ぶようにしましょう。

また、複数の業者の見積もりを取ることで信頼できる業者を探すことが出来ます。

評判の良い外壁塗装業者を比較していますので、ぜひチェックしてください。

TOPページでは東京にある外壁塗装会社の中からおすすめの業者BEST5をピックアップしていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

外壁塗装はじめてガイドを見る

実際に見積りをとりました!