東京で探す!外壁塗装会社の比較ランキング

失敗しない外壁塗装業者選び【東京版】

サイトマップ

東京の外壁塗装業者BEST5

東京で探す!外壁塗装会社の比較ランキング » 外壁塗装はじめてガイド(費用・種類・時期・業者) » 外壁塗装の種類

外壁塗装の種類

外壁塗装用の塗料の種類と耐用年数、およびそれぞれの塗料の価格目安などについて述べていきたいと思います。

塗料の種類によって変わる外壁塗装の耐用年数

外壁塗装にかかる費用は、用いる塗料の種類によって大きく変わってくるという側面があります。

費用だけではなく、塗料によって向き不向きや耐用年数が異なってきます。では、外壁塗装用の主な塗料の種類を紹介しましょう。

アクリル系塗料

コスト面では割安で利用される頻度も高い反面、耐用年数は5年から8年程度となっています。

紫外線にも弱いため、屋根などには不向き。モルタル壁や不燃材を用いたサイディング壁などに適しています。

ウレタン系塗料

アクリル系に比べ紫外線に強く、水弾き性も優れていますが、汚れやすい短所も。

価格はやや高価で耐用年数は6年から10年程度となっており、板張りやモルタル壁全般、不燃材/金属製サイディング壁に適しています。

シリコン系塗料

より紫外線に強く親水性もあるため、汚れを防ぐ効果が望めます。

価格はウレタンより高価となりますが、耐用年数も8年~15年程度と伸びています。モルタル壁全般、不燃製サイディング壁に適しています。

シリコン系塗料で比較した最安値業者BEST5≫

フッ素系塗料

外壁用塗料としては最も耐用年数が長く、12年~20年を誇りますが、その反面価格も高くなります。

ただし、製品のよって耐用年数や価格に幅があるため注意が必要です。モルタル壁全般、不燃製サイディング壁に適しています。

以上が外壁塗装によく用いられる4種類の塗料です。
上段から下段に行くに従い、耐用年数が長く、価格も高価になると考えてください。また近年では、新しい機能を持つ、以下のような塗料も注目を集めています。

セラミック系塗料

比較的最近お目見えした、外壁塗装の業界で第5の塗料ともいうべき存在。

アクリルシリコン系塗料をベースにセラミックを配合することで、断熱性や防音性などを高め、多機能性をアピールしています。

そのため、フッ素系塗料より耐用年数が必ずしも長い訳ではなく、アクリルシリコン系に準じた耐用年数となります。

光触媒(酸化チタン)塗料

汚れに強い塗料として注目を集めています。簡単に言えば、光に当たると電子などが発生してカビや油分汚れなどを分解し、さらに親水性の性格を持ち分解された汚れを雨で洗い流すという特徴があります。

この塗料自体は透明なので、単体は使用せず他の塗料のうえに重ね塗りをします。値段が高めですが、美観を持続させたい場合にはお勧めです

東京の外壁塗装業者BEST3

リバウス
1位 リバウス
価格目安 1,800円/m2
(シリコン塗料3回塗り)
施工事例をチェック>>
清水建装
2位 清水建装
価格目安
1,800~2,500円/m2
安田塗装
3位 安田塗装
価格目安 2,200円~/m2
トップページ
戸建・マンション・ビルの外壁塗り替えチェックシート
信頼して任せられる外壁塗装会社リスト【東京都版】
外壁塗装はじめてガイド(費用・種類・時期・業者)
外壁塗装のシミュレーションに使える施工事例集
ページの先頭へ

東京で探す!外壁塗装会社の比較ランキング