東京で探す!外壁塗装会社の比較ランキング

失敗しない外壁塗装業者選び【東京版】

サイトマップ

東京の外壁塗装業者BEST5

東京で探す!外壁塗装会社の比較ランキング » 外壁塗装はじめてガイド(費用・種類・時期・業者) » 塗り替えの時期

塗り替えの時期

建物の外壁を塗り替える適切な時期とはいつか、という点にフォーカスを当てて述べていきたいと思います。

適切な時期に外壁塗り替えを行うべき理由とは

適切な時期に外壁塗り替えを行うべき理由とははじめに、なぜ外壁は塗り替えが必要なのでしょうか?

大きく分けて理由は2つ。ひとつ目は、ある意味当たり前の話ですが見栄えをよくするためです。この点は、入居者を集う賃貸物件のオーナーさんには特に重要ですね。

そしてもうひとつ、より重要な理由として、建物自体の寿命を伸ばすためというのがあります。外壁の塗料には、建物が紫外線や風雨から受けるダメージを防ぐ、あるいは軽減するという重要な役割が実はあるのです。

そして塗料には耐用年数があり、その時期を過ぎるとそれまで塗料が防いでいた紫外線や風雨が直接屋根や外壁材に作用してしまい、ひいては建物の構造体の劣化や雨漏りの要因となってしまうのです。

つまり、外壁塗装には、建物の模様替えだけではなく、建物自体の寿命を伸ばすという重要な意味があるのです。

塗り替えをする最適な時期とは…

では、外壁の塗り替えはどういった時期にするべきなのでしょうか。

分かりやすい現象としては「戸建・マンション・ビルの外壁塗り替えチェックシート」のページで紹介している通り。塗料が粉状になってきたり、部分的に剥がれたり、ひび割れなどが起きたなどの兆候が現れた場合は直ちに外壁塗装を行うべきと言えます。

もちろん理想を言えば、こうした状況が起きる前に外壁塗装を実施しておくことが建物を長持ちさせる上で望ましいと言えます。

そこで、上記のような兆候が現れていなくても一定期間を経過するごとに塗り替えるというのがおすすめです。具体的なサイクルは以下の通り。

  • 吹き付け外壁:6~10年
  • サイディング外壁:10年
  • ALCパネル外壁:10年
  • カラートタン屋根:5~8年
  • スレート(コロニアル)屋根:10年
  • 木部:3年
  • 鉄部:3年

業者に作業を依頼する季節については、依頼者側はさほど気にする必要はありません。
それこそ天気については業者さんの方で、天気予報などを確認しながら作業工程を調整してくれます。

業界でも注目の塗り壁材・エスタコウォールとは

業界でも注目の、塗り壁材「エスタコウォール」とは外壁を塗り直すという以外の新たな選択肢として注目されている、ヨーロッパ生まれの漆喰「エスタコウォール」が注目されています。

漆喰は日本でも古くから城壁などに用いられていますが、このエスタコウォールは一般的な住宅やビルに用いるのに適した性質があります。

吸放湿性および放蓄熱性に優れるため、夏涼しく冬暖かい壁として利用できます。
さらに、静電気を発生させないため空気中の汚れを吸って黒ずんだり変色する事が少ない性質を持っています。たとえ汚れても、自己浄化作用や汚れの落ちやすさも大きな特性です。

耐久性も優れており、施工後年月を経るにしたがい空気中の二酸化炭素と化学反応し徐々に硬化し石化していきます。そしてカラーバリエーションも豊富なため、好みに合わせた彩色を施すことができます。

これまでの外壁を塗り替えるという方法に加え、こうした新しい選択肢が生まれたことも、ぜひ知っておいてください。

≪エスタコウォールを取り扱う東京の外壁塗装業者とは≫

東京の外壁塗装業者BEST3

リバウス
1位 リバウス
価格目安 1,800円/m2
(シリコン塗料3回塗り)
施工事例をチェック>>
清水建装
2位 清水建装
価格目安
1,800~2,500円/m2
安田塗装
3位 安田塗装
価格目安 2,200円~/m2
トップページ
戸建・マンション・ビルの外壁塗り替えチェックシート
信頼して任せられる外壁塗装会社リスト【東京都版】
外壁塗装はじめてガイド(費用・種類・時期・業者)
外壁塗装のシミュレーションに使える施工事例集
ページの先頭へ

東京で探す!外壁塗装会社の比較ランキング