東京の外壁塗装会社ランキング » 外壁塗装はじめてガイド(費用・種類・時期・業者) » 失敗しない業者の選び方

失敗しない業者の選び方

所有物件の外壁塗装を依頼する際、業者選びで失敗しないためのポイントについて述べていきたいと思います。

信頼できる外壁塗装業者の選び方とは

外壁塗装に限ったことではありませんが、業者によってアタリハズレの可能性があるというのはどんな世界にもあることです。

悲しいことに、建築やリフォームに関する業界にはいわゆる悪徳業者もいるとされています。消費者側が無知なのをいいことに、手抜き作業をしたり法外な費用を請求したりといった輩です。

決して安くない費用をかけて大切な物件をリフレッシュしようとしているのに、そのような業者にあたってしまっては本末転倒です。そうした業者を見極めるためにも、信頼できる業者の選び方のポイントを知り、予防策を講じておきましょう。

業者選びで失敗してしまう一番の理由は、業者の見積書や図面、工事の説明書、さらには営業マンのトークなどを鵜呑みにしてしまうこと

もちろん良心的な業者の場合なら問題ないのですが、そうでない場合は施行後に後悔する可能性大です。

繰り返しになりますが、業者選びは外壁塗装を行う上で重要なポイントであり、決して安易に判断すべきではありません。

優良業者を判断するポイントとは?

では具体的に、よい外壁塗装業者を見分けるポイントを紹介しましょう。

自社施工か下請けに丸投げか

外壁塗装業者の場合、下請けを使っている業者よりも自社施工を行なっている業者を選ぶべきです。

下請けを使っているから一概にダメとは言い切れませんが、中間マージンの発生や職人とのコミュニケーションや技術力の把握などに問題が起きやすく、結果的に失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

施工業者の素性をチェック

例えば、ホームページ上に事務所や倉庫の写真を掲載しているかは大きな判断基準となります。

可能であれば、その業者の所在地に出向いてみて、塗料材料や道具などの置き場が確認できる業者であれば、信頼度は高くなると言えます。

逆に、自社施工をアピールしていながら、それらが確認できない業者は、下請け業者に丸投げするタイプの業者の可能性大です。

見積書から判断できる業者の素性

例えば、塗料の名称や種類が書いていない、面積が他社見積もりと比べ大幅に増えているといった見積もりの業者は極力避けるべきでしょう。

逆に、費用項目に足場や養生、洗浄、補修、塗装など事細かに記載されており、使用する塗料の種類なども明白にしている業者であれば信頼度は高くなります。当サイトでは実際に3社の見積もりを取ってみましたので、参考にしてください。

外壁塗装はじめてガイド(費用・種類・時期・業者)を見る>>

職人のレベル

技術的には、経験年数や実績、厚生労働大臣認定の塗装技能士の資格などが判断材料になります。

これらに加えて、依頼者とのコミュニケーションがしっかり取れるか、素人にも分かりやすい説明をしてくれるかといった姿勢も重視してください。

価格だけで判断するのは後悔のもと

外壁塗装業者を選ぶ際には、複数の業者に見積もりを取ってから判断するようにしましょう。

では、見積もりが出そろったら、何を基準に選べばよいのでしょうか。
後悔する人の多くが「一番安かったから決めた」という基準で選んだケースです。

安いのには、それなりの理由があります。他社より圧倒的に安かったり、キャンペーンなどで大幅に値下げしたりしている業者は、なぜ安く提供しているのかも調べる必要があります。

もちろん、企業努力によって徹底したコストカットをするなど良心的な価格で提供している業者もたくさんあります。

その一方で、塗料を水増しして使用していたり、素人同然のスタッフが施工したりといった悪質業者も、残念ながらいます。

仕上がりは上々でも、1~2年とたたないうちに塗料がはげ落ちたり、修繕した箇所が再び補修が必要になったりして、結果的に余計なコストがかかることになるのです。

外壁塗装業者の選び方は、価格よりも上記に挙げた判断ポイントを重視することが後悔しないポイントでしょう。

実際に見積りをとりました!